愛情

ブログご訪問ありがとうございます

本日は、素敵な恋の花ものがたりをお届けします

千葉県在住女性の体験談より

22歳の誕生日の前日、

21本のピンクのバラの花束が届きました。

「はい? 一日間違えた? 本数も間違えちゃいました?」

彼とは遠距離恋愛中で誕生日に会う予定もなし・・・・。

すると次の日、

バラ1本持った彼

「誕生日おめでとう、これは自分で渡したかったんだ

たぶん、私はこの日に結婚を決めたのだと思います。

なんて素敵な心憎い演出なのでしょう!

胸がキュンキュンしちゃいます(笑)

彼の深い愛情が伝わってくるプレゼントの渡し方です

同じお花をプレゼントするにしても

相手を思いやり、ちょっとしたサプライズを加えると、

こんなにも感動する物語がつくれてしまうんですね

恋人はもちろんのこと、

奥様やご家族の記念日に

さりげなくお花の贈り物で日頃の感謝を

伝えてみてはいかがでしょう?

ちょっと照れくさいかもしれませんが、

きっと一生の思い出になることでしょう

お客様の感動のために

一輪一輪 心を込めてご用意させていただきます

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • instagram インスタグラム